スカイハイ スカイライト

日々の出来事や考えを綴ったり 趣味の絵を公開したり。 就職活動中の為、暫らくお休み。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東北・関東大震災の被災者の皆様に、心よりのお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられた方にお悔やみ申し上げます。

今回の地震とは直接関係はなかったものの、家族の一人が入院してしまい、
暫くごたごたが続きそうです。

暗い話題綴っていてもどうしようもないので、
ひとまず1月位から書き溜めてあったメモを貼ってみる。
To Doリストの大半を消化できて、時間がとれたので今のうちに。
ここ一月ほど「部屋の掃除」が消えないのが気になりますが。


毎回文章量や画像が多くなってきたので
暫くは追記の形で投稿してみることにします。

もう少しクドイ文章を書く癖を直さなければとは思っているものの…。


◆近況でも

昨年11月に大事な試験が二つ それも二日立て続けに



「二兎を追うものは…」の言葉通り
試験を終え、正直二つとも自信なし。



案の定一つ目の試験の結果が帰ってくるものの不合格
二つ目はもっと自信が無いのでオワタムード



まさかの二つ目の試験合格
二兎は得られなかったものの、大きな方の一羽は得ることができました。
これで暫くはモチベーションを維持することができそう。
人生そこそこ持ち直せるもんです。



「たまには創作活動でも…」

助教授A「プレゼンの準備しておいてね」

Be「えっ」



以前行った、とある課外活動のプレゼンテーションをすることに。
パワーポイントでプレゼン作って原稿も作ってなんとか発表。

一人で長々と15分も話し続けてスミマセンでした。
やはり自分の文章はクドイと思えた。



「そろそろ創作を…」


「あー シレン5買ったの忘れてた…。」



積みゲーになってたシレン5をプレイ。
その内レビューしますがなかなかの良作。

宇多田ヒカルさんもプレイしていると聞いて
どこかですれちがい通信でもできるだろうかとか
ちょっとだけ妄想広げてました。

その後は弟にシレン5貸して また暫くシレン4を借りることに。

シレン熱が冷めずに、幾つか過去のシリーズもプレイしてしまう始末。
周りはMHやってる人ばかりですがPSPは借り物しか持っていません(´・ω・`)
MH? モンスターハウスのことですよね!?



今年は年越し蕎麦食べました。



迎 春



積雪が半端ない。

今年は本気で部屋でもダウンジャケット着てないと寒いし
道路はすぐジャムるしで冬場通学挫折するレベル。
自然と自由に使える時間も減っていく。

同時に修了論文だかレポートだかを進行。
半日以上パソコンとにらめっこなこともありましたが、
それでも視力は落ちません。不思議。



「そろそろ創作がしたい…」 のだが期末試験がいつの間にか数週間先に構えている

「ぐぬぬ」



試験終了



春からの諸々の手続きで忙しい  



地震
怖い



落ち着く ←いまここ


今は色々とリハビリ中です。
なかなか疲れましたが、それでも体も心も壊れてはいません。

……が、もう暫くauの緊急地震速報のアラームは聴きたくありません…。
以下書き溜めていたネタでも置いておきます。



◆最近読んだ小説(やっぱりミステリ)の紹介でも

正直今ミステリネタ書くのもどうかと思ったんだけども…。


知人から某サウンドノベルが面白いから是非やれと薦められたのだが
金欠な自分にはそう安々と手が出せません。
別に偏見は持っていませんが。

もう少し色々と学びたいが為の参考書もAmazonで中古で購入してます。
貧乏学生にはありがたいです。
普通に買うと一冊数千円したりするからなあ…。


さてそれは置いといて。

年始に更新された 森博嗣氏の今年の出版予定表を見る限り、
今のところ今年はGシリーズの続編の出版は無い様子。 残念。
続編楽しみにしてるんだけどなあ。

という訳で、新たな作品に出会うべく、大きな本屋へ行ってどれを読んでみようか悩んできましたよ。


今回手に取ったのは、『ミステリの女王』とまで呼ばれた有名な推理作家アガサ・クリスティの代表作
『そして誰もいなくなった』

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2003/10)
アガサ クリスティー

商品詳細を見る


10人のインディアンの少年が食事に出かけた
一人がのどを詰まらせて、9人になった

9人のインディアンの少年がおそくまで起きていた
一人が寝過ごして、8人になった

8人のインディアンの少年がデヴォンを旅していた
一人がそこに残って7人になった

7人のインディアンの少年が薪を割っていた
一人が自分を真っ二つに割って、6人になった

6人のインディアンの少年が蜂の巣をいたずらしていた
蜂が一人を刺して、5人になった

5人のインディアンの少年が法律に夢中になった
一人が大法院に入って、4人になった

4人のインディアンの少年が海に出かけた
一人が燻製のニシンに飲まれ、3人になった

3人のインディアンの少年が動物園を歩いていた
大熊が一人を抱きしめ、2人になった

2人のインディアンの少年が日向に座った
一人が陽に焼かれて、一人になった

1人のインディアンの少年が後に残された
彼が首をくくり、後には誰もいなくなった


小説の名前自体は前々から聞いたことはあったものの、今まで手を出さずにいた訳ですが。

各々が様々な誘われ方でとある孤島に招待された10人の人々。
彼らの過去の犯罪を告発する謎の声。
「10人のインディアン」の歌詞をなぞるように一人、また一人と消えていく招待客達。
そして誰もいなくなった…。

という内容。


森博嗣氏のミステリばかり読んでいるせいか、場面描写があっさりしていると感じてしまったのだけれど、
人が減っていくごとに増して行く緊張感、疑心暗鬼、磨り減る神経、壊れる心。
そういった心情の変化がよく描写されている作品でした。

有名な作品ということもあり、ちょっと名前をググるとどこもかしこもネタバレだらけなのですが、(Wikipediaですらネタバレ有)
犯人はヤスとか書いてあるとこ見て笑ってしまったよ。
今回は手にとって数日で読み終えたということもあり、ネタバレ前に犯人は誰だろうかと考えながら読みふけることができました。
(まあ自分の推理は外れでしたけど…。)


他に興味深かったのは、巻末の赤川次郎氏の解説。
なかなか考えさせられました。


もう一つ、これほど人が次々に死んで行くのに、少しも残酷さや陰惨な印象を与えないこと。
映画の影響で、残酷描写や暴力描写を過激にすることが「読者サービス」であると思い込んでいる、
一部の作家に、この『そして誰もいなくなった』の後味のいや味のなさを学んでほしい。

ミステリーはもともと「知的で粋な」娯楽であったはずだ。
時代が求める変化は当然のこととして、「時代を超えた面白さ」も一方に、厳として存在する。
その代表作に、『そして誰もいなくなった』を挙げることを、私は少しもためらわない。
私にとって、これが「こんな作品が書きたい」という目標であることはいつまでも変わらないだろう。


以前なにがしかの作品で暴力描写やら残酷描写が問題となって、規制の流れになったことを思い出しました。
(この作品でほんの少しだけエグいと思ったのは「大熊が一人を抱きしめ~」の所位だったかなー。)
最近では一部で性的描写やらも問題になってるみたいですけどねー。

とにかく、この作品を彼女の最高傑作と呼ぶ人がいるのもうなずけます。
ページ数もそう多くないのであっさりと読めました。

興味があれば是非是非。



◆文庫版が出ると買ってしまう 悔しい
キラレ×キラレ CUTTHROAT (講談社文庫)キラレ×キラレ CUTTHROAT (講談社文庫)
(2011/03/15)
森 博嗣

商品詳細を見る

森ミステリもたまに本棚から一冊二冊程取って読み返したりしています。
「面白い」と感じた表現のあった所はページ折って目印付けてるんだけども、
今読み返してみるとまた折りたくなる箇所が出てくる始末。



◆お気に入り



Skilletが日本に初来日するのは知っていたんですが、
その日は試験期間中の上に交通費・チケット代・グッズ代 その他諸々を考えると
平日に東京へ行く気にはなれませんでした('A` )
次のチャンスはあるだろうか。

彼らのアルバムのうち日本で発売されたものは全て持っていますが、
アルバム”Awake”に収録されている“Monster”は一番のお気に入りです。
生で聴いてみたかった…。
アルバム全体の出来自体は前作の方が好きですけども。


ああ本当に行きたかった。
また来てくれることを祈る。

AwakeAwake
(2009/08/25)
Skillet

商品詳細を見る



と、こんな感じで記事を書いているあたり
やっぱり自分はミーハーなのだろうかと思う。

この記事を投稿しようとワードパッドに書きためてたうちに
10年間ギターを演奏してきたBenがSkilletを脱退するとのお知らせが。
うああやっぱり東京行けなかったことが悔やまれる。



◆ワードエクセルパワポアクセスはともかく

いい加減大学で使っている色々なファイルを自宅のMSOffice2002で使用するのにストレスを感じてきたので
バイト代をはたいてMSOffice2010のアカデミック版を購入。
2002→2010に替えてみて、正直ワードとパワポはそこそこ使いやすくなった印象。
と言っても他のソフトはあまり使わんのですが…。

パブリッシャとワンノートという新しいソフトが入っていました。
これも使いこなせるようになってみようかと考えてみたものの、
Office関連の書籍探してもこの二つの使用方法が詳しく載ってるモノが近所の書店に無いという始末。

ネットで簡単な使い方検索してみたら、ワンノートは使いこなせるとなかなか面白そうです。
モバイルPC使うのが前提みたいな気もしますけど…。
パブリッシャは今のところ名刺作る用途以外には使えないかなー…。


MSOfficeと言えば、楽々とワードやパワポのファイル開くことができるスマートフォンに驚いてしまいました…。
今自分が使っている携帯は、某所の携帯もっさり&サクサクランキングでRank E [もっさり]に入ってるようなモノなので
そろそろ変えようか考えているものの財布と相談中。
やりたい事や欲しい物が多すぎて、時間もお金も足りません。

「一日が80時間位あればなあ」というのが最近の口癖となってしまいました('A`)
睡眠は20時間位が理想ですかね。



◆その他

父親のETCマイレージサービスに自分のメールアドレスで登録していたらしいのだが
hotmailにずっと繋がらない今の状況。
パスワード忘れたって言われてもメールアカウント開けないと
パスワード再発行メールすら受けられません どうしたもんだか。


◆中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!
メモ。


◆Googleで「chrome ゴミブラウザ」と検索すると…
Opera……。

「だが俺はchrome派だ」
と語る先輩に薦められて試しにGoogle chrome使ってみたら、
起動がとても早くて驚きました。
追加機能入れたらもう少し遅くなるのかもしれないけど…。

自分はFirefox派だったのですが流石にこの速さを見ると正直揺らいでしまい
本格的に移行を考えたのだけれど

・アドレスバーに入力したURLを開く際、新しいタブで開かない。
・ブックマークを開いた際、新しいタブで開かない。

この二つの仕様が痛すぎる。
右クリック→新しいタブで開く や Ctrl押しつつクリックすれば新しいタブで開くらしいけど
新しいタブで開くのをデフォルトにできなかったのだろうか。
これさえ出来れば迷わず移行するんだけどなー…。

…正直Chromeの問題点については詳しく読んでないので
他に不具合等あるのかはわかりませんが…。

最近のアップデート後、Firefoxも使いづらくなったんだよなあ…。
不具合なのかブックマークやアドレスバーへの入力も新規タブで開かなかったり 戻るボタンが使えなかったり。
更にはこの二つの不具合のダブルパンチでリンク開いたら新規タブに開かず、しかも戻れずで直前まで見ていたページにすぐに戻れないという素敵仕様。
ならば保険にと思って、予めCtrl+Tで新規タブ開いてからブックマーク押してみたりアドレスバーに入力してみたり
Ctrl押しながらリンク開いて、極力安全に新規タブ開いたりとしているものの
それならChrome使ったほうが良いんじゃないかとか思い始めてみたり(以下略)



◆Nintendo 3DS発売
1月にテレビ買うために某家電店に並びに行かされたわけですが。
今の時期でもまだ朝から並ぶのは寒いように思えます…。

パイロットウィングス出たら買うかもしれない。
64版しかやったことありませんが、フライトシムとしてはなかなか楽しめたので…。

身近にも購入した人はいるのですが、やはり目が疲れるとのこと。
今は自分の中では優先順位はかなり低めです。


◆姫川明先生が新連載の発表
ゼルダの伝説の方々。
少し前に読み切り描いたらしいんだけど、完全に見落としてました…。


◆有栖川作品の殺人の動機は大抵ちょっとアレ ところでミステリにおける動機ってそんなに大事?
ミステリ読者としては動機は欲しい。
ミステリ作品での犯罪って、少々アブノーマルな物が多いんですけど、
なんだかんだで犯人の動機がわかると人間っぽさを感じて
ミステリのリアリティは出ると思ってるんだけどなー…。

大抵は怒りやら復讐やら憎悪なんですけどね。
たまに「芸術」としての犯行に及んだっていう犯人もいるけど
あれは正直現実味が無い……と思います 自分が見たことないだけかもしれませんが。


◆漫画『CLAYMORE』の最近の事情をジャック・バウアーが語る動画がマニアックすぎるwww
嘘字幕。

ここ数話は結構楽しんでますけどね。
塵喰いのカサンドラは復活する三人の内の一人になることが今月号で明かされました。


◆Enjo-Gのぽぽぽぽ~ん / BUBBLE-B feat. Enjo-G
もはや何も言うまい。


そろそろ消失同盟にでも入会しておこうと思います('ω` )
春から一層忙しくなりそう。 心配だ。

ではまたいずれ。

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.02.10 01:32  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://vegalog.blog9.fc2.com/tb.php/280-ec77a2e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。