スカイハイ スカイライト

日々の出来事や考えを綴ったり 趣味の絵を公開したり。 就職活動中の為、暫らくお休み。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東北・関東大震災の被災者の皆様に、心よりのお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられた方にお悔やみ申し上げます。

今回の地震とは直接関係はなかったものの、家族の一人が入院してしまい、
暫くごたごたが続きそうです。

暗い話題綴っていてもどうしようもないので、
ひとまず1月位から書き溜めてあったメモを貼ってみる。
To Doリストの大半を消化できて、時間がとれたので今のうちに。
ここ一月ほど「部屋の掃除」が消えないのが気になりますが。


毎回文章量や画像が多くなってきたので
暫くは追記の形で投稿してみることにします。

もう少しクドイ文章を書く癖を直さなければとは思っているものの…。
スポンサーサイト
ブログの方長らく放置になっててごめんなさい。

昨年11月の大事な試験は終わって普通に大学生活送れているんですけども
他にも色々作業が増えてきたり、モチベーションが下がったり、
この春からの準備で忙しかったりと
色々と面倒なことになっております( ´∀`;)

地震凄かったですね…
最初の地震と夜中の4時頃あった地震では
体感、数年前の中越地震・中越沖地震と同じかそれ以上揺れました…。

これ以上事態が悪化しないことを祈るばかりです。


また落ち着いたら更新再開しようと思います。
ではまたいずれ。
Google教に入信しそう。
Beです。

放置が進んでますが
たまーに書く雑記は毎度毎度新鮮な気持ちで書けるので、ちょっと気が楽。
日記や気になったものを幾つか。

春休み中にプレイしたアスカプレイ記も書こうかなとか思ってたけど
長くなりそうなので後程。
 雑記 
気づくと一週間位すぽーんと飛んでる不思議。

絵はアナログだったりデジタルだったりでちびちびと描いていたものの、
文章は殆ど書き溜めてないので、最近感じたことや
最近鑑賞した作品の感想等ずらずらと並べようと思います。

はっちゃけて描いてると結構楽しいもんです。
…後々は兎も角。

バイト先が改装中でちょっと混乱しとります。
Beです。




サマーウォーズ [DVD]

昨年、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞等を受賞した、
サマーウォーズをDVDレンタルして鑑賞してみました。

感想ちょっとだけ。




ジブリ作品と比べると、わりと世代を選びそうな作品でした。

物語の舞台の一つとなっていたのが、
『OZ』と呼ばれる、ネット上の国際規模の巨大な仮想世界(と言うかSNS?)だったので、
そこら辺の理解が無いと若干取っ付き難いかなーといった感じ。

とはいえ、大家族が世界の危機に立ち向かう描写はお見事。

ダイナミックでド派手な演出や、
CGを駆使して描かれた綺麗な映像に引き込まれっぱなしでした。
ここら辺はアニメーション映画ならではだと思います。

文字通り笑いあり涙ありの良作でした。
未鑑賞の方は是非是非。




英会話のラジオで流れてた曲を妙に気に入ってしまった。



思いがけず知らない曲に出会えるという点でラジオは良いですね。
…なんか目的変わってる気がしますけど。


この英会話のラジオ始めたのがつい最近なので、リスニングの練習はあまり進まなかったんだけども、
先日受験したTOEICでそこそこの点数を取れたので、
二年の英語を免除できるらしい。

今年は極力時間を作りたかったのでありがたい。
有効に使えないと何の意味もないんですけどね…。




さーてシレン4買ってくるかと思ってたら
弟がフラゲしていたでござるの巻。

…自分よりお金持ってるんじゃないか…?


自分自身はプレイしていないので、弟のプレイや投稿されているプレイ動画等見ただけですが、
今回は全体的に仲間が強いみたいです。

ミリィが20数ダメージ程の銃を1ターンに8発位放って
敵に何もさせないうちに倒すとか、昼間の室内では歴代の仲間の中でも最強な気がします…。

ずっとミリィのターン!


つーか今回の女性キャラのデザインは全体的に狙いすぎだと思います。

絵師は今回も長谷川薫さんだったようで。
お疲れ様でした。




以下発売日ちょい過ぎ位に書き溜めたシレンの感想とか考察とか。


某所の配信実況のログやら本スレやら見てると
随分評判も良いらしく、難易度もなかなかとのこと。

『俺達のシレンが帰ってきた!』とかなんとか。

アスカは盾ゲーだったので、ダメージ受けながら逃げるゲームらしいのだが、
今回は初代はDS2のようにダメージ受けないように逃げるゲームになってるとかなんとか。

amazonのカスタマーレビューでも殆ど☆5評価になってるんだけども、
正直ゲーム等の評価は信者かアンチ位しかしてないようなイメージが合ったので、あまり当てにしていなかったのです。
が、弟から直に感想聞かせてもらうと大変面白いとのこと。

自分も弟もシレンシリーズは幾つもプレイしてきたんだけども、
弟には久々のヒット作になったようで、もうシナリオクリアして追加ダンジョン始めた様子。

シナリオクリアに必要なダンジョンが一つだけで、途中に幾つか中継地点があるという、
初代シレンのテーブルマウンテンのような構成。
最終階は36Fと、アスカの最終ダンジョン星華の大筒と同程度。

プレイしたこと無いのでなんとも言えないんだけども、
これだけ聞くとやっぱり難易度高めに感じる…。




自分はダンジョン万歳さんの所で行ってた配信(12)見てましたけど、
64版並にスムーズに動いているのは勿論、用語の説明が出たり、
村の建物の前に行くと何の施設だか表示されたり、町の全体マップが上画面に表示されたり、
壺の中身が上画面にポップアップされる等、
随分と親切な機能が揃っていたので驚き。

BGMは過去作のものが幾つか使われており、
シリーズファンとしては嬉しい。

たまに床に埋まっているアイテムは、掘り出せるかどうかは力依存らしいので
力の草の重要度がさらに増した様子。

また、夜のモンスターは明かりを灯していないと
攻撃力が相当なものらしく、配信者の石野さんが一撃で倒されてました('A`)
松明外すと無くなってしまうのね…。


こうしてみるとシレン3とはなんだったのか。


…弟がプレイし終わったら貸してもらおう…。



結局自分は未プレイだったパワポケ12買いました。



…長々と書きましたが、今回のシレンは良作。マチガイナイ。
スタッフの方々お疲れ様でした。




相手の思考を楽観的に期待している状況……、これを、甘えている、というんだ。

いいかい、気持ちなんて伝わらない。伝えたいものは、言葉で言いなさい。

それが、どんなに難しくても、それ以外に方法はない。



詩的私的ジャック(講談社文庫)より



『普通選挙制は成功だったか否か』的なものを、とある作品内で読んだのですが、
「知識も責任感も乏しい人間に広く投票権を与えてしまうと、結局は多数決で愚かな選択しかできなくなる。」というのが
最近の日本を指しているようで笑えなくなってきた。

いや、独裁よかマシだとは思いますけども。

政治に関しては詳しくないんだけども、
最近は投票で選ばれた政治家の方までも責任感が薄れているように感じます。


「努力だけは認めて欲しい。」

「いずれ、国民にも私の答えが最適だったと分かるときが来る。」

(記者団に「半年後に民主党政権で良かったと国民が思うか」と問われたのを受けて)
「必ずそうなる。それだけは申し上げておくことができる。」


◆【異論暴論】正論2月号
さらに問題なのは、鳩山首相が国民にも甘えようとする傾向が顕著なこと。
>偽装献金事件の会見で鳩山首相は、「国民の皆さんの辛抱強さと、じれったいなという思いは感じます」と言いつつ、
>全くけじめをつけようとはしなかった。これこそまさに、無限の甘えといえるだろう。(川瀬弘至)


「国民に甘えている」ということの意味がようやく理解できてきた今日この頃。
もうちょっと言葉で説明して欲しいものです。


とかこんな事書いてる辺り、書籍やら社説やらネットから影響受け過ぎなんですかね。
ちょっと自重します。




弟の就職が無事決まりました。
…決まってなければシレン4なぞやってないだろうっつー話ですが。


そんな訳で12月~1月頃から、学校行ってても割と暇だったらしく、
珍しく学校で読むのだか、小説買ってきました。

明日は雨が降るか槍が降るかと大変驚いたんですが、
この歳なら本ぐらい読むかと無理矢理納得。


さーて何読んでるんだお前はと
読み終わってから四冊ほど貸してもらったんですが、
「獣の奏者」なるファンタジーモノでした。
(自分は疎いからよく知らないんだけども、アニメ化もされたらしい。)

ファンタジーは結構好きなので、楽しんで読めるかなーとは思っていたんだけども、
どうも自分はファンタジーの類は映像作品で楽しむ方が向いているみたいで
字面でファンタジーというのは少々苦しかったです。

…まだ一冊しか読んでないので、
自分は文字で読むファンタジーは苦手、と結論下すには早いんだろうけど
想像力足りてないのかねえ。

ゆっくり読もうと思います。
むむむ。




さて他にも書こうと思っていたものや
貼ろうと思っていた絵もあったんだけども、長くなりそうなので一度この辺で。


もうすぐ春がやってくると思うと楽しみで楽しみで。

…ただ、ここ数年花粉症を発症しているので、
今年も多分発症するんだろうなーと思うと少し憂鬱。

…既にここ数日鼻詰まりが酷くて
未だに鼻声になっている訳ですが。

あーあー_l ̄l○
これさえ無ければなぁ。


ではまたいずれ。
 雑記 
ああ疲れた。

入浴しながらの読書に嵌ってしまいそうです。
Beです。


別件で殆ど創作活動が進んでいないので
主に日記でも。




最近どうも不眠症っぽく、たまになかなか寝付けないことがあったので、
ゼミの担当の教員の方と個人面談を行ったついでにちょっと相談してみたのですが、

・一日一度位は頭を空っぽにする時間を作ること
・本業とはあまり関係ない本を読んでるうちに(退屈になって)寝付けるかも


とのアドバイスを頂いたので、久々に新潟駅近くにある大きな本屋へ。
ちょうど病院に行かなければいけない時期だったので良いタイミング。


…なのですが、新潟市は今年26年ぶりの大雪と言われているらしく、
いつもその本屋へ向かう時に利用するスーパーの駐車場が雪の山に囲まれてて、
出口は何処なのかと探すのに一苦労しました('A`)

いい加減スノトレ買おうかねえ。
このままだと冬中スニーカーで過ごしてしまいそう。


この本屋に立ち寄った際には、目的の本を買った後に色々な本を立ち読みしていたので、
幾つか目星を付けていたものの中から一冊選んで購入。

論理パラドクス―論証力を磨く99問論理パラドクス―論証力を磨く99問
(2002/10/02)
三浦 俊彦

商品詳細を見る


哲学だか論理学だかの本なんですけども、
これらの学問を学ぶための教科書と言う訳ではなく
(…こう書くと著者に凄く失礼な気もしますけど…。)
主に様々なパラドクスやジレンマを、問題風にして紹介・解説している本であり、
つまりは寝る前や暇な時に読むには最適な本です。(…だと少なくとも自分は思ってます。)

少しずつしか読んでいないのでまだ半分も読了してませんが、
床屋のパラドクスや、ラッセルのパラドクス、嘘つき(クレタ人)のパラドクス、
ニワトリと卵とどちらが先か?など、有名どころから、聞いたこともないようなものまで揃っていて、
正直読んでると没頭してしまいそうです。

…目的と手段がおかしくなってきた…。

姉妹本も何冊か出ているらしく、正直手を出してしまいそう…。
amazonで言うと「買い物カートに入っている」状態。

うーん。
ほどほどにしよう…。




取っている講義の関係で、年一度はTOEICの受験を強いられているので
先日、今更ながら受験してきました。

リーディングは前々からちょいちょい練習していたので
一応最後まで解くことはできたんですが、どれ程当たっているやら。

リスニングの方は少し前に教授と相談して、
NHKラジオの語学番組で鍛えることにしたのですが、まだ始めて間もないので、結構聞き逃した予感。

というか本格的なリスニング問題なんて久々にやった気がするんだけども、
やっぱり問題文の先読みがかなり有効だということを思い知らされました。
一箇所読む場所間違えて、3問ほど捨ててしまったような気がするけどもう気にしないことにしよう…。


結果が出るのが正直待ち遠しいので、時間が早く過ぎて欲しいんだけども
生きている以上寿命もあるのに、時間が早く進んで欲しいとは死にたがっているということか
はて これはパラドクスではないだろうかとか云々。

上記の本の『待ち遠しさのパラドクス』辺りを参考。




四月始まりの手帳を探していて、カバーは前から使っているものがあるので、
中身だけを探しているんだけどもなかなか売ってないなあ。

リング式の手帳って廃れたのかねえ
まさか。




お世話になっている教員の方が体調を崩してしまったらしい。
その旨を知る前に二、三度電話をしてみたのだけれど、
電話に出なかったので何かあったのかなとは思っていたが。


ここ一週間ほど何も連絡が無いので、凄く心配。


それに触発(と言うと言い方悪いように思うんだけど…)されて
頑張らなきゃと目標に向けて作業を進めてみる自分。


不謹慎過ぎじゃないだろうかと自己嫌悪。


やる気や行動の誘因が、誰かの不幸に関係するものになることがあるのは分かってるつもりなんだけど、
やっぱり後ろめたさみたいなものを感じる。

…気にしすぎかねえ。




資料が少ないものを描くときは、色々とイメージ膨らませながら描けるので楽しい。
一応資料からざーっとイメージ画は起こしてますけども。


データいじり

…だからってツール使ってまでこんなことしててもねえ…。
いざイメージ画描いて実物と比べてみると、
やっぱりあちこち目に付くなあ。


もっとオリジナル描けって言われるとそれまでなんですけども…。




アスカ攻略wikiの管理人さんとアスカの内部データいじってる人が手を組むらしい。
こんな感じで攻略情報作ったり、補助ツールが作成されたりするのはパソゲーならではだなーとおもふ。

発売されてからもう何年も経ってるのに、これほど情報交換が活発なのは素晴らしい。

プレイ補助ツール有難く利用させてもらってます。
感謝。
また気が向いたらプレイしてみます。




弟がインフルエンザ貰ってきたので
自分の体内も大好評インフルエンザ予約実施中。

あははうふふ


はぁ。




ここまで書いておいて、クレイモアの感想書くのを忘れてたと気づく。
連載100話記念巻頭カラーでした。
八木先生おめでとうございます。

これ以上長文書く気力が尽きたので、こちらも気が向けば…。




のんびり更新します。

またいずれ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。